留学で英語は上達するか

留学したら英語を話せるようになるか?

これは事前準備次第です。
多くの方が事前準備なしに英語留学して、買い物が出来る程度の英語力しか得られず帰国されていますので非常に残念です。海外留学は英語力を伸ばす大チャンスです。でも基礎的な英語力を付けずに行かれた方は非常に苦労しています。何故なら、海外では誰も日本語で優しく説明してくれないからです。すべてが英語です。自分のわからない所も全て英語で質問しなければなりません。逆にそのレベルの英語力がないままに、行けばなんとかなる、位の気持ちで行かれた方は、何ともならずに苦労されているわけです。

 

英語の基礎を学ぶには、日本語が最適です。英語が話せないのに英語で説明されても分かる訳がありません。留学のメリットは英語のシャワーを毎日浴びれる事です。また英語を使う機会も多いことです。だからある程度の英語力に達した方は、留学するとすごい勢いで伸びます。逆にそのレベルに達していないと、全く勉強にならず、留学したのに日本語の本を取り寄せて英語の勉強をするはめになるのです。余談ですが、日本人留学者が多いところの古本屋さんでは、日本語の英語学習書が高く売られています。

 

だから留学する皆さんには、日本で一生懸命英語の基礎力を付けてから行かれることを望みます。ではどの程度の英語力が必要なのかですが、まず、上で述べた、「自分が分からないことを英語で質問できること」が重要です。このレベルに達していないと、全く英語力は伸びないでしょう。つまり、基本的な疑問文が言えることです。

 

では、それ以外の英語力はどうでしょうか。
海外の大学入学ではTOEFLとかの点数を求められますが、まさしくそれが必要な英語力なのです。それは授業についてくるためにはそれくらいの英語力が必要ということなのです。では大学ではなく、語学留学ではどうでしょう。実は同じなのです。ここに大きな勘違いが潜んでします。事前に英語力を付けずに現地にいくと、おそらく下の方のレベルのクラスに入れられるでしょう。しかしそこで英語力が付くかと言ったら疑問です。簡単な事ほど説明が難しいのです。英語で文法の説明をされても逆に難しくて理解するのは大変です。結局、日本で本を読めば3日で終わる内容を数ヶ月かけて学ぶハメになるのです。

 

私たちが推奨するのは英検で2級位、TOEICで600点くらいです。これくらいあれば、現地の英語になんとかついていけるし、英語力を伸ばして行くことも可能でしょう。だから私たちは、生徒さんにそのレベルを目指してもらっているのです。この辺が留学して英語力を伸ばせるかどうかの分岐点なのです。だから留学される皆さんは、是非そのレベルを事前に達成して行かれたほうが良いと思います。

 

 

留学で英語は上達するか関連ページ

催眠術で英語を話せるようになるか
英会話カーディム別館
留学でネイティブレベルの英語になるか
英会話カーディム別館
お金を掛けずに英語を学ぶには
英会話カーディム別館