初心者・初級者のため英語学習法

どうやって発音を矯正するか?

発音の厄介な所は、一度誤って覚えてしまうと、その発音を矯正するのが大変な事なのです。
例えば、日本で英語の試験を受けても、発音が問題になることはありません。だからかなり英語の出来る方でも、正しく発音できないことを長期間放置していて、発音に問題を抱えている方は非常に多いのです。そして、英語力が伸びたそれらの方々は、自分で自分の発音が良くないことを知っています。しかし発音の矯正は非常に大変で、そもそもどのように発音すればよいのかも分からないのです。そして仮に矯正しても、おそらく1年掛かります。なんたって日本語にない音を出せるようにするのですから。子供はともかく、多くの大人は既に日本語脳ともいうべきものが出来上がってしまっているので、日本語として座りのよい発音にしようとしてしまいます。例えば、R(アール)の発音は日本語にありません。下を口腔上壁に接触させずに発音しますが、これが日本人としては非常に気持ち悪いのです。だからこれを日本語で「あー」とやってしまいます。

 

なので発音を学ぶ時は、日本語を忘れる必要があるのです。日本人の多くが英語の発音を修得するときに苦労する理由は、自らの日本語の知識にひきずられてしまうからなのです。なんとか「日本語として通じる」英語の発音にしようとしてしまいます。一方、幼い子供が英語の発音を簡単に習得できるのも、日本語に引きずられないからです。例えば動物の鳴き声をうまく真似するなら、カタカナでワンワン、とかニャーとかやるのではなく、鳴き声をしっかり聞いてく声色を似せて甲高い音を出したりするではないですか。英語の発音でも同じことが必要なのです。日本語で代用しようとするからおかしくなるのです。この意識を変革するのに本人も教える方も非常に苦労します。

 

また、正しい発音がわかってきたとしても、私たちの口はそれらの音をだすのに慣れていません。だから普段使わない口の筋肉を使わねばならず、正しく発音するのに非常に疲れるのです。これもあって、私たちは無意識のうちに楽をしようとして、使い慣れた口の筋肉、すなわち日本語でよく使う筋肉を使って代用しようとしていますのです。だからそういった筋肉を使えるように鍛えねばならず、これも正しく発音を学んでも習得に時間が掛かる理由なのです。

 

これを解決する一番簡単な方法は、まず発音の本で理屈を学び、付属のCDやDVDで学ぶことです。次にCD付きの簡単な文章が幾つも載ったものを購入し、ひたすら「聞こえたまま」に音読する練習を繰り返すのです。自分の中の日本語に引きずられず、口の筋肉を鍛え、正しい音を覚え、自分がその音を発音しても気持ち悪くならないようにするのです。

発音の矯正関連ページ

発音の勉強
日本で発音の勉強は大変
音読のやり方
CD付きの易しい文章がおすすめ
なぜ英語の発音と綴りは違うのか
英会話カーディム別館
発音は米式と英式どちらを学ぶか
英会話カーディム別館